保育士求人の月収条件 – binews

過酷な上に低収入?そんな保育士さんたちの気になる月収・年収についての記事をまとめて参ります。

給料、給与がよい保育士求人を探すためには?

保育士は、労働環境に見合うだけの給料がもらえないことが多く、安い給料の保育園が多いです。ですが、その中でもできるだけよい給料をもらうためのポイントがあるので、ぜひ知っておきましょう!

 

月給だけでなく年収も見る

OKサインの保育士さん
たいてい求人には月給が記載されていますが、給料の良し悪しは月収だけでなく年収を見ることが大切です。正規職員の場合はボーナスがあるので、ボーナスがどれ位もらえるかで年収が大きく変わるからです。

 

例えば、以下の2つの保育園で比べてみましょう。

A保育園:月給が17万円(基本給16万+調整手当てなど1万)、ボーナスが2.1か月分

B保育園:月給が16万円(基本給15万+調整手当てなど1万)、ボーナスが3.5か月分

 

この2つの保育園を比べると、A保育園の方が一見給料が良いように見えますが、年収にするとA保育園が237万、B保育園が244万となり、B保育園の方が良いということになります。月収だけでなく、年収を見ることが大切なことが分かりますね。

 

福利厚生を確認する

保育士⑤
雇用保険や健康保険、厚生年金が完備されているか、住宅手当や通勤手当はどの程度もらえるかなど福利厚生をきちんと確認しておくことも重要です。また、資格手当てや調整手当てなど、毎月の基本給に加算されるお金がどの程度あるかでも合計月収は違ってきます。

 

雇用保険や健康保険、雇用保険は、天引きされると額面上の給料は少なくなりますが、加入していないと結局、自分で国民健康保険や国民年金を支払わなくてはいけないので、かなり損になってしまいます。

産休や育休の取得率や離職率を確認

childminder-d-04
つまり、給料を上げるためにはできるだけ長く同じ保育園に勤めた方がいいので、保育士が働きやすい保育園を見つけることが大切です。女性保育士にとって働きやすさを大きく左右するのは、産休や育休の取得率です。他にも離職率を聞いておくと、どれくらい働きやすいかを判断することができるでしょう。

休暇の日数を見る

 

給料と休日はあまり関係がないと思うかもしれませんが、給料が良くても休みがほとんど取れないような保育園では結果的に給料が良いとは言えません。月の休日日数や早出、遅出勤務の回数、夏季休暇、年末年始休暇など労働日数と休日日数のバランスも確認しておきましょう。

給料の良し悪しは総合的に見ることが大切

 

給料が良いかどうかは、ただ月収の金額だけを見るのではなく、ボーナスや福利厚生、働きやすさなど総合的に見ることが大切といえますね。

その求人、住宅手当はついてる?見ておきたい保育士の手当て

保育士の給料は、総額で18万円程度はあっても保険等で引かれてしまうと手取り額は15万円程度になってしまうこともあります。そうすると、ひとり暮らしで家賃が必要な保育士さんにとっては、かなり厳しいものとなります。

 

勤める保育園の給料にきちんと住宅手当がついているかどうかは、就職を決めるときにとても大切な項目となります。

保育士の給料、住宅手当はついている?

保育士②
保育士の場合、通勤手当はついているというところが多いですが、住宅手当はつく保育園とつかない保育園があります。そのため、通勤に便利と考えて保育園の徒歩圏内に引越ししてくると余計に給料が減ってしまうということも考えられます。

 

また、自宅から出て給料のよい地域で就職する場合も、場合によっては地元より給料の総額はよくても、結局、家賃を払うとお金がほとんど残らないということもあり得るので注意が必要です。

 

他にも住宅手当は、基本的には単身者を対象としていることがほとんどなので、今までは独身で住宅手当をもらっていても結婚をすると、その月から住宅手当がなくなって給料が減ってしまったということもあります。

 

家賃が必要となる場合は、住宅手当の有無やその対象をきちんと確認をして就職を決めることが大切です。参考サイト:保育士転職お役立ちコンテンツ

住宅手当はどれくらいもらえるの?金額は?

保育士さんが首をかしげる
では、住宅手当はどれくらいもらえるのでしょうか。通常、単身者用のワンルームのマンションだと地域にもよりますが6万円~8万円程度が相場ですが、その全てを住宅手当てでもらえるわけではありません。

 

また、住宅手当がつくところでも住宅補助という形で3000円~5000円程度の補助しかつかない保育園もありますが、平均的には、住宅手当がある場合は1万円~2万円程度の補助があるところが多いようです。

 

いずれにせよ、保育園によって差があるので募集要項に詳しく書かれていない場合は、確認をしておくことが大切です。

 

比較的、夜間遅くまで勤務がある保育園や夜勤がある保育園は住宅手当がついているところが多いですし、社員寮があるところもあるので考慮してみてもよいでしょう。

まとめ

保育士①
住宅手当は、1人暮らしの保育士さんにとっては有難い制度であり、ないと困るものでもあります。住宅手当がない場合は、家賃の値段によっては生活がしんどくなってしまうケースも出てくるので必ず確認しておきたい手当ての一つといえます。

 

特に、実家を離れて都市部で就職する場合は、家賃がとても高いところもあります。女性保育士の場合は、家賃が安ければどこでも住んでいいというわけではないので、給料の金額だけでなく生活費も含めてどれくらい必要か計算をして就職を決めるようにしましょう。

 

保育士求人の月収や月給、都会ほど給料がよい?!

どんな職業でも都会にいくほど給料はよい傾向にありますが、保育士も地域ほど月給が低くなる傾向があるようです。都会で働く場合と地域で働く場合とでは、月給や月収にどれくらいの違いがあるのでしょうか。都市部とその他の地域の保育士の平均的な月給を見ておきましょう。

全国の保育士の平均月収・月給は?

aaaa
全国の保育士の平均月収は、基本給が16万~17万円程度、調整手当てが5000円~1万円程度で合計は18万円程度です。この給料から各種保険料が天引きされると、毎月の手取り額は15万円程度というところが多く、保育士の給料は良いとはいえないのが現状です。

 

公立保育園の場合は、平均的な基本給は私立保育園とさほど変わりはありませんが、資格手当てや住宅手当など、基本給にプラスされる手当てが充実していることや、毎年の昇給額が比較的よいところが多いため給料はやや高めであることが多いです。また、福利厚生も充実しているため、働きやすいと感じる保育士さんも多いようです。

保育園の平均月収や月給に地域差はどれくらいある?

保育士⑧

では、都市部と他の地域で働く保育士の給料にはどれくらいの差があるのでしょうか。都市部の保育園の平均的な月給は18万円~20万円程度で、保育園によっては、22万~25万円程度あるところもあります。

 

一方、地域で働く保育士の平均的な給料は、全国の保育士の平均よりもやや少なく15万~16万というところも多く、やはり地域差は大きいといえます。

 

ただし、給料がよい都市部の月給の内訳を見てみると、月給18万円~20万円の内、基本給は15万円~16万円程度と全国平均かそれ以下ですが、休日手当てや超過勤手当てなど手当てを充実させて給料を上げているという保育園もあります。

 

また、都市部では、長時間保育や夜間保育を取り入れている保育園も多いので、交代制ではありますが、20時前後まで勤務がある保育園や病院内保育園では朝までの勤務や22時頃まで勤務があるところもあります。


給料だけでなく労働条件を見ることが大切

保育士③

都市部とその他の地域の保育園の給料差を見てみると、確かに都市部の方が月給は良い傾向にありますが、保育園によっては基本給がとても低いところや夜間勤務が多いところもあります。

 

家族や育児中の保育士にとっては、夜間勤務は厳しいことも多いで、働きやすさは給料の良し悪しだけで見るのではなく労働条件や休日日数、福利厚生なども含め総合的にみる必要があるといえますね。

 

【求人を探そう】保育士の待遇はなぜ良くならないの?

平成27年度に厚生労働省が打ち出した「保育士確保プラン」によると待機児童解消のためには、平成29年度までに6.9万人の新たな保育士の確保が必要であると発表しました。

 

そのためには、保育士の処遇の改善や潜在保育士の再雇用の促進などさまざまな取り組みが必要とされています。

 

平成26年度の厚生労働省の発表によると、保育士の平均月給は34.8歳の場合で21万6100円となっていますが、私立保育園や地方の保育園の場合はもっと低い月給であることが多く待遇の悪さが問題となっています。そもそも保育士の待遇はなぜこんなにも悪いのでしょうか。

保育士の給与システムはどうなっているの?

保育士さんが首をかしげる
保育士の給料は、個々の保育園が努力すれば保育士の給料が増えるというわけではなく、全て決められたシステムの中で管理されています。

 

認可保育園の給料は、国や地方自治体から出る公的な補助金と親からの保育料でまかなわれています。しかも、親からもらう保育料は事業者である保育園が勝手に決めることはできないので、保育士の給料の財源は毎年変化することがなく、だいたいどの保育園も同じ給料となってしまうのです。

 

しかも、保育士の給料を上げるためには、補助金を上げるか親からもらう保育料を増額しなければいけないので、なかなか難しいというのが現状です。

 

しかも、公立保育園の場合は比較的、昇給が安定していますが、私立保育園の場合は経験を積んでも毎年の昇給額が微々たるもので、経験が上がっても給料が変わらないという現状があります。

 

そのため、保育士の給料は元々低い上に毎年、どれだけ頑張っても給料が上がらず、結果的に不満に感じて退職してしまうというケースが多くなるのです。

重労働や長時間勤務も保育士の待遇の悪さの一因

保育士⑥
保育士は、子どもと遊んで楽しそうな仕事だと思っている人もいるかもしれませんが、子どもに危険がないよう見回ったり、早朝保育や延長保育を含めた毎日の保育、人格形成の教育、行事やそれに向けての準備などお昼休憩もないほど忙しい現場です。

 

また、保護者との人間関係や家に持ち帰る仕事や残業なども多く、決して楽な仕事ではありません。そのため、結婚や妊娠、子育てというライフプランの変更があると働くことができなくなり退職する保育士も多くなるのです。

保育士の給料と働く環境の改善が必要

保育士④
保育士の待遇を改善するためには、保育士の現状を社会がきちんと把握して、その処遇改善に全ての国民が理解を示すことが大切です。

 

保育士の給料を改善させるためには補助金の増額や保育料の見直しが欠かせません。そのために、限りある財源をどう使うか、税制の改正も含め一人ひとりが考えなくてはいけませんし、高い保育料をどう捻出するか、企業側も補助をしたり企業内保育園の充実なども考えていかなくてはいけません。

 

また、保育士の環境を改善させるためには、仕事内容のスリム化や分業などを考えてもよいのではないでしょうか。もちろん、人材の確保のための努力も必要不可欠な取り組みです。

【求人格差】保育園の先生の給料が安い理由

常に、臨機応変が求められ、それでいて大切なこどもの命を預かる仕事、それが保育園の先生です。
毎日、子どもと遊んでいるだけの仕事で羨ましいなあ、なんて思うかもしれませんが、そんなことは決してありません。

キツイ仕事で、勤務時間は長く、更には給料まで安い!って驚きじゃありませんか?

どうしてこんなに保育園の先生の給料が安いのか、詳しくご紹介しましょう。

OKサインの保育士さん

OKサインの保育士さん


●保育園の先生の給料って一体どこから?

保育園の先生の給料は、認可保育園の場合、その保育園の運営費から算出されます。
運営費を、構成しているものは大きく

・市町村など自治体からの補助金
・保護者からの保育料
・国からの補助金

という3つからできています。

ここには「公定価格」という制度が関係してきます。
それは、世帯収入の少ない家庭でも、安心して保育が受けられるようにする制度なんです。

なので、各世帯の所得に応じた保育料が毎年決定され、各世帯で収める保育料が変わってくるんです。
この減額した分を負担するのが自治体であり、国なんです。

園児1人当たりの「保育単価」というものに乗っ取って毎年運営費が保育園に支給されるんです。

運営費の中の大体8割程度が人件費になり、後は設備費、光熱費、給食の材料費などに充てることになります。
この運営費の8割の中で保育園の先生の給料を払うことになりますので、保育士さんの給料は安くなってしまうんです。

●保育園の先生の数を減らすと給料UPに繋がる?

保育園の先生の人数を減らせば給料UPになるんでしょうか?
実はこれは大きな間違いです。

保育園の先生の数は実は国で定められた定数と言うのもがあります。
「保育士配置基準」というものがありまして、

・0歳児3人につき保育士1人
・1、2歳児6人につき保育士1人
・3歳児20人につき保育士1人
・4、5歳児30人につき保育士1人

と決まっているのです。
つまり保育園の先生の数を減らすと人件費は削れますが、保育園側で受け入れるこどもの数も減ってしまうため、結局運営費は少なくなってしまうんです。

そうなってくると、保育園に入れない待機児童の増加にも繋がりますので、保育園の先生は辞めないでいて欲しい、というのが運営側の率直な意見なのです。

●他の経費を削減して保育園の先生の給料UP?

運営費の大体8割程度が人件費だと書きました。
残りの2割を何とか削減できないのか?というと、これは相当難しいんです。

なぜならここには

・給食の材料費
・教材費
・光熱費
・設備投資費

など、全てが含まれます。

夏になればエアコンも使いますし、プールもします。
こういったところを削減、というのは、こどもの命を預かっている上でできない判断ではないでしょうか?

●国からの補助金を増額して保育園の先生の給料UP?

今現在、一番保育園の先生の給料をあげる方法として有力なのはこれではないでしょうか?
保育園自体の運営費をあげれば、それだけ保育士さんへの還元率も上がるはず、です。

補助金の他にここには保育料も含まれますが、保護者からの意見としてはこれ以上保育料をあげるのは勘弁して欲しいところでしょう。
なので、子育て支援を国が叫び、福祉に力を入れていきたいと思うのなら、補助金をなんとかして増額し、保育園の運営費を大きくすることが必要ではないでしょうか?

【求人を比べる時の参考に】保育士の月給・月収の平均って一体いくら?

待遇改善を訴える現役保育士さんがたくさんいると、ネットでも話題になりましたね。
こどもの命を預かり、健やかな健康の手助けをするという、やりがいだらけのこの仕事。

本当に保育士さんの月給・月収は低いのでしょうか?
働く環境にもよると思いますが、その平均って一体いくらぐらいになるんでしょうか?

今回は、保育士さんの月給・月収の平均っていくらぐらいなのか?詳しくご紹介します。

案内役の保育士さん

案内役の保育士さん


●ズバリ!保育士さんの平均、月給・月収はこちら!

保育園には、公立保育園と私立保育園の二つがあります。
私立保育園には更に、認可保育園と、認可外保育園がありますよね。

認可外保育園は、国が定める基準(園庭の広さなど)に足りなかった保育園です。
なので、補助金はほとんど受け取っていません。

なので、認可外保育園に就職するとなると、経営方針などによって月給が変わってきます。

その他、公立保育園や認可保育園になると、初任給では16万円となっています。
これは公立と私立に格差はありません。

これから年数を重ねていくと二つの月収には格差が出てくるようになるのです。

全国の保育士さんを見てみると、厚生労働省によると平均月収は216100円となっています。
では、更に詳しく見ていきましょう。

●公立保育園の保育士さんの平均月給・月収は?

まず、公立の保育士さんの平均月給は、331601円となっています。
地方公務員という扱いになりますので、月収、手当てについては公務員と同じ扱いになります。

なので、経験年数によって昇給していくんです。
経験を重ねれば重ねるほど、月給が上がって行きますので、やりがいを感じやすいかもしれません。

●私立保育園の保育士さんの平均月給、月収は?

一方、私立保育園になると、昇給はほとんどありません。
それどころか、公務員のボーナスが減るからということで、減額される事例もあります。

平均月収は220000円となっているのです。
初任給とあまり変わらないケースが多いんです。

そのため、私立保育園では離職率が高く、平均年齢も若いのかもしれません。

●将来どうなる??保育園

これだけ見てみると同じ勤務内容なら公立の保育園に勤めるのがいいと思うかもしれません。

しかし、最近では、公立保育園の平均年齢が上がり、そのため人件費が増え公立保育園が次々と民営化されていく、ということもあります。
公立保育園に就職しようにもできない状況にもなりつつあるんです。

子育て支援が叫ばれていますから、これから先、もしかしたら保育士の月収が上向いてくるかも?しれません。
月給が変わると、それだけ離職率も減るでしょうから、子育て支援の内容も、施設も充実して、社会に還元できる素晴らしいシステムになることでしょう。

一日でも早くそうなるといいです。

 

元保育士 30代女性
(著者:岡山県30代女性 元保育士)

保育士求人に載ってるボーナスの仕組み

聞きたいけど聞けれないもの、それが他の人の月収やボーナスですよね。
自分のボーナスはこれぐらいだけど、一体他の人はいくらぐらい貰ってるんだろう?と気になりませんか?

そこで今度は、保育士さんのボーナスって一体どうなっていて、どんな風に貰えているんでしょうか?

今回は、そんな気になる保育士さんのボーナスについて詳しくご紹介しましょう。

保育士さんが首をかしげる

●保育士さんのボーナスってどのくらい?

保育士さんのボーナスの平均は、公立保育園では、月給の3.6カ月分で660000円。
私立保育園では月給の2.6ヶ月分で470000円となっています。

やはり、公立保育園の方が月給が高いので、賞与にも開きが出てくるんです。

更に、公立保育園では、地方公務員なので、賞与も年2回が保障されていますが、私立保育園になると毎年決まって貰えるとは限りません。
運営の状況によってはこれより低くなることもありますし、もしかしたら一気に賞与が4カ月分貰えるなんていう保育園もあるでしょう。

ここは保育園の条件や、規模、経営者の考えが大きく影響してくるものです。
もし、就職を考えているのなら、求人情報をしっかりと読み、労働条件を確認することが必要になってきますね。

●保育士さんのボーナスは安定している?

認可保育園であれば、ボーナスがなくなる、ということはほとんどありません。
それはなぜかというと、保育と言う職種は景気に左右されないという状況があるからです。

園児が多い保育園なら今年は入園児が1人もいなかった、なんていう事態はよっぽどのことがない限りありません。
入園児がいないにしても、在園児が一気に辞めてしまうこともありませんからね。

毎年、大体2回ボーナスを頂けるということになります。

金額も、大体、毎年同じぐらいのボーナスを貰えます。
これも他の会社や企業とは違い、景気にほとんど左右されないからです。

●保育士さんのボーナスって低いの?

毎年、公務員のボーナス事情や企業のボーナス平均がいくら違ったかというのがニュースになりますよね。
保育士さんの場合は、先ほども書きましたように、上下動がほとんどありません。

では、今、保育士さんのボーナスって実際他の職種と比べるとどのくらいの位置にいるのでしょうか?

女性が多い職種での平均をみてみると、保育士さんのボーナスは

1位、薬剤師
2位、看護師
3位、栄養士

4位、保育士

と、4位にランクインしています。
上位にランクインしている職種はどれも、景気に左右されにくい職種ですよね。

なので、保育士さんのボーナスは他の企業に比べて安定していて、高水準であるということです。

●年収を増やしたいならボーナスが多いところを選びましょう!

保育士さんの年収と言うのは、ボーナスの額によって違ってきます。
月収は、公立と私立で差はあるものの、それ以外は平均して同じぐらいの金額を正規社員さんは貰っています。

年収を増やそうとしたら何を一番に考えていけばいいのかというと、やはりボーナスなんです。

ボーナスは賞与であり、頂けるという保障のない収入です。
しかし保育士さんでボーナスがない、というのはよほどの事情がない限りあり得ません。

そこでボーナスが2ヶ月分なのか、4カ月分なのか、というところで差が出てくると思いませんか?

少しでも、年収を増やしたい!と考えるのならボーナスの部分もしっかりと確認していくことが必要になってくるんです。

【求人相場】保育士の収入や平均年収はどれくらい?

最近は、保育士不足が問題となっていますが、その原因に保育士の待遇の悪さがあるといわれています。

保育士は、子どもの生命を預かるという重い責任がある上に、毎日の保育業務や年間行事の練習や準備など体力的にもかなり重労働ですが、給料面でそれに見合うだけの待遇を得られていないという現状があるようです。

保育士の給料の実際はどうなのでしょうか。

■私立保育園の場合の給料は?

aaaa
厚生労働省の調査によると保育士の平均給料額は、月収が22万円、年収が317万(ボーナス57万)と出ています。

この数字は公立と私立を合わせたものであり、かつ勤続年数が10年以上の保育士も含まれるので、実際に私立保育園で働く新人保育士がもらえる給料というわけではありません。

私立保育園で働く場合、地域や個々の保育園によっても給料は変わりますが、平均的な初任給は基本給が16万~17万円程度、それに調整手当てなどが1万円程度ついて総額17万~18万円程度となります。

この給料から各種保険料が引かれるので、実際にもらえる給料は14万~15万円程度ということになります。

もちろん、勤続年数が上がれば昇給もしていきますが、それでも多くの保育園で働く20代の保育士さんの平均的な給料は、月18万円~19万円程度で手取りは15万~16万程度となります。この状況を見ると給料が良いとはいえませんね。

また、保育園によっては基本給が14万~15万程度しかないところもあり、手取りにすると13万円前後になってしまう場合もあります。就職するときは、給料がいくらもらえるかはしっかり見ておく必要があるでしょう。

ボーナスは保育園によっても差がありますが、全くないというところは少ないです。平均すると、基本給の4か月分程度はもらえるので55万円~70万円は年間(夏、冬)にもらうことができます。

これらを合わせると、私立保育園の平均的な月収は16万~18万円程度、平均年収は250万~300万円程度となります。

■公立保育園の場合の給料は?

teacher_woman[1]
公立保育園の給料は地方公務員と同じ扱いですが、基本的に公立保育園も私立保育園の給料と大きな差はなく、平均月収は17万円程度、ボーナスは基本給の4か月~4.5か月程度で平均年収は300万円前後となります。

ですが、なんといっても公立保育園の魅力は、安定して給料がもらえるところと確実に昇給があるというところです。また、産休や育休などの福利厚生も充実しているため、長く勤められるところも魅力です。

そのため、勤続年数が20年以上になるベテラン保育士だと平均年収は20代の保育士の2倍以上になるというケースもあるのです。

【求人向上委員会】保育士の最低月収を手取り20万にしよう!

保育士辞めたの私だ!で一躍社会問題となった保育士の月収の問題。ベーシックインカムニュース(Basic Income News)では、日本の保育士さんたちの最低月収を手取りで20万円に引き上げることを提案します。手元に残るお金が13万円で暮らすことを想像してみてください。一人暮らしの女性の家賃6万円。食費に4万5千円。最低限の電気代、ガス代、水道代で1万円。残り1万5千円で、最低限の肌着、冬の上着、Tシャツ、ズボンを買ったら、銀行にいくら残ると思いますか?これは、ただの一職業の問題ではありません。明白な、貧困問題なのです。現在国会で議論されている、『5万円増やそう』という法案は、悪いわけではありません。しかし、それで手取りが18万円になっても、保育士の激務、命を預かる責任に見合うとは、決して思いません。20代、30代の独身の女性が、最低限文化的に暮らすために、ベーシックインカムNEWSは、『最低月収20万円』を、様々な記事で提案していきます。

◆こちらは、4月 | 2016 | についてのまとめです。 ※全記事、長年の保育士経験者や、現役の保育士さんたちが書いている、実体験に基づいた信憑性の高いコンテンツです。 事実を元に書かれていますので嘘がありませんが、当サイトは具体的な給与水準の数値や、収入についての是非、書かれている内容につき一切免責となります。